国際ロータリー第2770地区第3グループ大宮シティロータリークラブ
  • RIメッセージ
  • 国際ロータリー第2770地区
Home >  活動報告  >  活動報告

report

大宮シティロータリークラブの活動報告

東日本大震災支援:南三陸町編

大宮シティロータリークラブでは、中古自転車550台を有志によってしっかり整備。
この自転車をはじめ、義援金、野菜果物、日用品など多岐に渡る支援物資をお届けしました。

 

青少年育成委員会事業

南三陸ふれ愛プロジェクト

2013年9月14日・15日で行われた「南三陸ふれ愛プロジェクト」は、かねてより支援を続けているボースカウトさいたま第8団の「東日本大震災の被災地で何か活動できないか?」という提案を受け、当クラブが、2011年の大震災直後から炊き出しの支援活動から始まり、津波で流失してしまった地域の伝統芸能の「鹿躍り(ししおどり)」の装束一式の寄贈などでお付き合いのある宮城県南三陸町での事業を企画しました。

南三陸ふれ愛プロジェクト 2014~2015

725日(金)~27日(日)、宮城県志津川自然の家で「南三陸ふれ愛プロジェクト」事業が開催されました。この事業は、子ども達の笑顔の向こうに未来が開けるように、また、未来に希望が持てるようになる事を目的とし、昨年に引き続き南三陸町で開催致しました。

国際奉仕事業

バングラディシュ識字率向上プロジェクト(2006-2007)

スマトラ沖地震災害復興支援事業
採血管18,000本寄贈(2005-2006)

100周年記念事業
カンボジアに小学校の校舎と備品一式寄贈

ミャンマー教育支援

ラオス・日本祭り

2013年10月20日(日)に10月第3例会を移動例会として「ラオス&日本祭り」を実行しました。
ロータリークラブの五大奉仕の一つ「国際奉仕」
どうしても海外に直接赴いての事業が中心となりますが、コスト面や時間的制約からなかなか多くのメンバーが触れることができない、それが「交際奉仕」でした。
その壁を打ち破るべく「日本に居るままに国際交流・支援」をコンセプトに国際奉仕委員会が企画した例会でした。

地域社会事業

出前 環境問題体験講座

さいたま市内各小学校お父さんの会より参加希望者を集い、捨てればゴミの小枝などを再生していく手段を見て、自然の恵みの循環型社会の仕組みを体験していただくことを目的とした事業を企画しました。

『大地の恵み』事業

『大地の恵み』事業2

『大地の恵み』事業 2013~2014

『大地の恵み』事業 2015~2016

『大地の恵み』事業 2016~2017上期

『大地の恵み』事業 2016~2017朝どり大根千本販売 

『大地の恵み』事業 2016~2017下期

『大地の恵み』事業 2016~2017ジャガイモ収穫

障害を持つ子どもたちに苗植えや草刈り、収穫までの農作業を一連で体験してもらおうと『大地の恵み』事業を本年度行っています。

『七里駅前プランター』事業

『七里駅前プランター』事業2016~2017

東武野田線七里駅前の緑化事業。毎年プランターの草花の植え替えと管理を行っています。

大宮フリーマーケット事業

地区補助金事業として、東日本震災支援、カンボジア学校建設、ロータリー100周年記念と合わせて。

見沼子供会かるた大会事業

大宮武道館で開催される見沼子供会かるた大会を応援しています。

新世代事業

ミャンマー サイクロン被害者 古着回収国際奉仕事業計画

昨年ミャンマーを襲った自然災害であるサイクロンによる被害者への人道的支援を、本年国際ロータリーのテーマである、『夢をかたちに』・・・子どもの死亡率の低下 を目指す事を主眼に置き、この奉仕事業を企画いたしました。

ロータリーデー事業

芝桜大作戦 2014~2015

芝桜大作戦 2015~2016

2014年1018()より、さいたま市立指扇中学校正門脇にてロータリーデー:芝桜大作戦事業が開催されました。

クラブ内レクリエーション事業

大宮花火大会 2015

クリスマス例会 2015~2016

クリスマス例会 2016~2017

小松シティロータリークラブ親睦旅行

会員親睦旅行2016~2017 伊香保

会員間の親睦を深めるべく、毎年趣向を凝らした催しを企画しております。

クラブ内その他事業

故濱野パストガバナーを偲ぶ会 

日韓交流 2016~2017

別所沼移動例会

                                  

 

 


週報一覧